会長あいさつ

会長写真

京都府立高等学校PTA連合会平成29年度の会長に就任いたしました奥野貴史(おくの たかし)と申します。

本連合会は平成元年に設立され、22人の歴代会長様や役員様、更には各単位PTAの多くの皆さまのご尽力により、連合会組織が充実・発展してまいりました。これまでの功績をしっかりと継承し、更なる発展に、微力ながら本連合会の活動に取り組んでいくことにしております。

また、京都府教育委員会、京都府立高等学校長会をはじめ各学校の校長先生・教職員の皆さまには、本連合会の活動に対しまして、ご理解とご指導をいただいておりますことに、厚くお礼を申し上げます。

さて、平成29年度の本連合会の活動方針は、すでに6月に開催された総会において、お示ししております。特に、基本方針として、
① 青少年の健全育成のために、家庭・学校・地域社会が一体となって「生きる力」の育成に取り組むこと。
② 関係機関と連携し、安心・安全な社会を形成することで、青少年の健全育成に努めること。
③ 高校教育、特別支援教育、生涯学習の充実や基本的人権の尊重のために研修を積極的に行い、青少年の現状を受け止めて、教育環境の充実と学校や地域社会の特色を生かしたPTA活動に努めること。
以上の3点を掲げています。

今年度の活動方針を踏まえ、学校・地域との連携を密にして、連合会の運営を行っていく所存ですので、加盟校の単位PTAの皆さまには、引き続きのご協力とご支援をお願いいたします。

なお、第69回全国高等学校PTA連合会大会京都大会が、2019年8月に開催されます。

本連合会は、大会の主管地として、京都市立高等学校PTA連絡協議会とともに大会準備委員会を組織して、開催に向けた取組をはじめております。全国から約1万人のPTA会員や教育関係者をお迎えするに当たり、万全の準備をしていきたいと考えております。参加者の方々にとって、京都の地で開催される全国大会が、思い出に残る有意義な大会となりますよう、皆さまのご協力とご支援を重ねてお願い申し上げます。

京都府立高等学校PTA連合会 平成29年度会長 奥野 貴史