会長あいさつ

会長写真

京都府立高等学校PTA連合会平成30年度の会長に就任いたしました中川ひろみ(なかがわ ひろみ)と申します。
平成30年度京都府立高等学校PTA連合会総会において、会長のご承認をただきました。
思わぬ大役を仰せつかり、重責を全うできるかどうか不安なことばかりですが、諸先輩のOB会長様や役員様、更には各単位PTAの多くの皆さまのご協力により、これまでの本連合会の功績をしっかりと継承し、更なる発展に、微力ながら邁進していくことにしております。


京都府教育委員会、京都府立高等学校長会をはじめ各学校の校長先生・教職員の皆さまには、本連合会の活動に対しまして、ご理解とご指導をいただいておりますことに、改めまして、お礼を申し上げます。引き続き、本連合会の会長をはじめ理事及び各校のPTA役員等に、ご指導をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


さて、平成30年度の本連合会の活動方針は、すでに6月に開催された総会において、お示ししております。特に、基本方針として、
① 青少年の健全育成のために、家庭・学校・地域社会が一体となって「生きる力」の育成に取り組むこと。
② 関係機関と連携し、安心・安全な社会を形成することで、青少年の健全育成に努めること。
③ 高校教育、特別支援教育、生涯学習の充実や基本的人権の尊重のために研修を積極的に行い、青少年の現状を受け止めて、教育環境の充実と学校や地域社会の特色を生かしたPTA活動に努めること。
以上の3点を掲げています。

今年度の活動方針を踏まえ、学校・地域との連携を密にして、連合会の運営を行っていく所存ですので、加盟校の単位PTAの皆さまには、引き続きのご協力とご支援をお願いいたします。


いよいよ2019年の8月には、第69回全国高等学校PTA連合会大会京都大会が、開催されます。

昨年度設立された京都大会準備委員会を、今年度は京都大会実行委員会組織とし、すべての府立学校及び市立高等学校が力を合わせて、大会準備に当たることにしております。
全国から約1万人のPTA会員や教育関係者をお迎えするに当たり、できる限りのおもてなしで、参加者される方々に京都の地で開催される全国大会が、思い出に残る有意義な大会となりますよう、皆さまのご協力とご支援を重ねてお願い申し上げます。

 

京都府立高等学校PTA連合会 平成30年度会長 中川 ひろみ