会長あいさつ

会長写真

京都府立高等学校PTA連合会令和3年度会長を務めさせていただく鈴木良彦です。

本年度も昨年に引き続きコロナ禍でのスタートとなりました。自粛疲れや緊急事態宣言慣れなどと言われていますが、様々な活動や学校行事が中止や延期となっております。学校生活では、昨年度のように一斉休校こそ行われていませんが、修学旅行の変更や文化祭の中止など子どもたちにとって非常に残念な状況が続いています。

府高PTA連合会の現場では、「なんとかできることをやって行こう」ということで、総会ではZoomウェビナーを利用してのリモート開催を実施いたしました。初めての試みでしたが、概ね好評のうちに終えることができました。また昨年から延期されていた、全国高等学校PTA連合会大会島根大会は、中止ではなくリモート開催となることが決まっています。島根のPTA連合会の方々は、コロナ以前から準備を行っておられ、平時とは比較にならない困難があったと思います。分科会は年末まで視聴可能ということですので、一人でも多くのPTA会員の方に見ていただきたいと思います。また、各単位PTAにおかれましても、例年の活動が行えず、様々工夫の中活動されていることと思います。

現在の状況がいつまで続くかはわかりませんが、収束後に以前と同様のPTA活動に戻ることはないのではないかと思っております。リモートや各学校で進んでいる配信システムを利用した総会の実施などにより、保護者が一同に会する機会は減るのかもしれません。

しかしその一方では、直接人と人が会い交流することの大切さが再認識されたのではないでしょうか。PTA活動も原点は保護者同士や保護者と学校との交流だと考えます。コロナがあり、PTA活動が満足にできない中で、「PTAは不要だった」となるのでなく、「やはりPTAはあったほうがいい」と思っていただける活動を考えてまいりたいと思います。

日頃活動されている単位PTAの方々におかれましては、様々な苦労があると思います。取り巻く状況は厳しいですが、皆さまの力を合わせて、保護者・子ども・学校にとって必要とされる新しいPTAを作っていきましょう。まだ先行きは不安ですが、挫けることなく前を向き、できることに取り組んでいきましょう。皆さまのお力添えをお願いいたします。

京都府立高等学校PTA連合会 令和3年度 会長 鈴木 良彦